マタニティ歯科(マイナス1歳からの予防歯科)

マイナス1歳からの予防!お母さんと生まれてくるお子さんのために

 

妊娠中はホルモンバランスの影響で、免疫力が低下傾向にあります。細菌由来の感染症であるムシ歯や歯周病は、女性ホルモンの増加に比例して悪化することがあります。つわりなどで食事のサイクルが変わったり、口腔ケアがしっかりできなくなることも悪化の要因になります。

当院のマタニティ歯科では、妊婦さんに起こりがちな口腔内環境の悪化に対応した口腔ケアです。妊婦さんの身体の変化に配慮した、検査・治療・予防処置を行います。妊娠がわかっている方だけでなく、これから妊娠を望む方も、一度当院のマタニティ歯科を受診してみませんか

 

「マイナス一歳からの予防歯科」の画像検索結果

 

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌はいません。
お子さんが虫歯になってしまう主な原因は母子感染です。お子さんがお腹にいる時、つまりマイナス1歳の時、お母さんのお口の中をキレイにしておかないと、お子さんが生まれてから悪い虫歯菌をたくさんうつしてしまう危険性があるのです。それだけでなく、妊娠中のお母さんが歯周病だった場合、早産や低体重児の出産の確率が上がってしまうというデータも報告されています。妊娠中の口腔ケア(予防)と治療は、お母さんだけでなく、お子さんの健康を守るためにも大切なことなのです。

 

お母さんとお子さんのお口の中は比例!

 

お母さんが虫歯だと、お子さんも虫歯リスクが
高まりますこのグラフで、お母さんのお口の中のバイ菌の数が多ければ、お子さんが虫歯になる可能性が高いことがわかります。うまれてくるお子さんのお口を守るには、まずはお母さんのお口が健康でなければなりません。お腹の中にいる時からがスタートです。

 

 

妊娠中になりやすいお口の症状

虫歯・歯周病
つわりにより十分に歯みがきができなかったり、嘔吐による胃酸で歯の表面が弱まり汚れが付着しやすくなることで、普段よりも虫歯や歯周病のリスクが高まります。
妊娠性エプーリス
妊娠中に増加するホルモンの影響で歯茎がコブのように大きく膨らむことがあります。多くの場合は良性で、産後に自然と無くなることもありますが、気になる場合はお気軽にご相談ください。
妊娠性歯肉炎
ホルモンバランスの変化から妊娠初期に起こる場合が多い症状です。一般的な歯肉炎と同様、痛みがないため症状に気付きにくく、進行させやすいという特徴があります。

 

妊娠中に最適な治療時期とは

   妊娠中の治療は安定期がベストです。
妊娠したら必ず検診を受けていただきたいのですが、妊娠中に虫歯や歯周病の治療、お口のクリーニングを行うのに適しているのは妊娠中期(安定期)です。妊娠後期に入るとお腹も大きくなり、診察台に横たわるだけでつらくなる方もいます。また、出産後に行こうと思っていても、子育てで時間がとれない…ということもあるでしょう。
安定期に入ったら、痛みなどの症状が無くてもお口の中をチェックするためにも、ぜひ歯科医院へ足を運んでください。

安定期に入ったらまずは一度ご来院ください

  • 妊娠初期
    4ヶ月まで(15週まで)

    妊娠4〜8週は、特に慎重に治療に当たり、12週まではできるだけ診査・治療計画とブラッシング指導にとどめています。歯の痛みや歯茎の腫れなどの急性症状があれば応急処置を行いますが、安定期に入ってから適切な治療を行うようにします。

  • 妊娠中期
    5ヶ月〜7ヶ月(16〜27週)

    妊娠中期に入ると、胎児は胎盤によって安定した状態(安定期)になりますので、通常の歯科治療、レントゲン撮影や投薬も可能です。胎児や母体への影響を考慮すると、比較的安定しているこの時期に治療を行うのが望ましいでしょう。

  • 妊娠後期
    8ヶ月以降(28週以降)

    妊娠後期になると、早産の危険などを避けるために応急的な処置にとどめます。また、仰向けで治療を受けるのも大変になりますので、治療が必要になった場合は出産後に改めて治療を再開します。

妊婦歯科検診とは?~生まれてくる赤ちゃんのために~

 

 

 

妊娠中に歯周病にかかると、歯周病菌の影響で子宮に陣痛に似た筋肉収縮が起こり、早産や低体重児出産を招くリスクが高まるといわれています。大切な赤ちゃんを守るためにも、妊娠中の歯周病には、とくに注意しましょう。

また、生まれたばかりの赤ちゃんのお口には虫歯菌は存在しませんが、虫歯菌をうつす原因となりうるのが、身近にいるお母さんだといわれています。このお母さんからの感染を母子感染といいます。母子感染を防ぐためには、赤ちゃんが生まれる前にお母さんのお口の中から虫歯菌を減らしておくことが大切なのです。

妊娠中の虫歯・歯周病は、生まれてくる赤ちゃんにさまざまな悪影響を与えます。近年では赤ちゃんへの感染を防ぐために、妊婦歯科検診の重要性が注目されています。大切な赤ちゃんのためにはもちろん、母親自身のためにも、必ず受けるようにしましょう。