小児歯科

当院の小児歯科について

 

 

あせらずゆっくり治療

やっぱりお子さんにとって歯医者さんというのは恐いところだと思います。やっと歯医者さんまで来れたのに、虫歯を削ることはもちろん、お口を開けられなくて何もできないお子さんもたくさんいらっしゃいます。
当医院では、はじめは何もできなくても良いと考えています。そして何回か通ううちに虫歯予防のお薬を塗ることができたり、だんだんとやれる事が増えていくものです。その都度できた事を褒めてあげれば、お子さんも成長し自然と一人で座って治療できるようになるでしょう。

 

 

保護者の方へのお願い

  • 小さな子供さんの治療は、その子その子のペースに合わせて行ないますので、焦らないでください。
    お忙しい中「出来れば早く終わらせたい!」とお思いかと思いますが、1~2回の治療回数を少なくする為に、押さえつけて泣かせながらの治療は歯医者ぎらいにさせるだけで意味がありません。
  • 痛い場合を除き、大人の治療と違って、大きなむし歯から順番に治療するわけではありません。小さなむし歯から治療して、少しずつ自信をつけながらいくこともあります。
  • 子供達に、「悪いことをしたら歯医者さんに連れて行くぞー」とか言わないでください。
    歯医者は痛い・怖いというイメージがすり込まれてしまいます。
  • 上手にできたら、大げさに褒めてあげてください。
    逆にできなかったとしても、怒らないでください。できるように、おうちで少し練習してみましょう。

「こどもとお母さん はみがき」の画像検索結果

 

定期検診を受けましょう

定期的に検診を受けると、最初に受けた年齢が小さいほど虫歯になる確率が少ないというデーターがあります。
13歳になったときの比較では、7~8歳を越えて検診を始めた人はそれ以前で始めた人より、2倍くらいの虫歯ができています。
このデータから、いかに小さい時からの予防が大切かということがわかります。

虫歯や歯周病の予防を十分にして、早くから歯を削ったり抜いたりするような治療を受けないですむようにする事が大切です。ご家庭での歯みがき習慣などのケアはもちろんですが、3か月に一度歯科医院で歯科健診を受けられることをおすすめします。そうすることによって痛む前に完治し、咀嚼力を確保できると同時に完治した乳歯が永久歯を正しい位置へと誘導してくれます。

【虫歯の予防法】
1.プラークコントロール
歯ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)などを使用して噛み合わせの溝や歯と歯茎の境目や歯と歯の間に付着したプラークを除去することが最も重要な事です。

2.フッ素やキシリトールの使用
フッ素は歯の表面を強くして歯を溶かす酸に対して抵抗力をつけます。また脱灰した歯の表層部分の再石灰化も促進させます。キシリトールはミュータンス菌の数を減少させて、歯を溶かす酸の生成を抑制する効果があります。

3.食生活
栄養のバランスのとれた規則正しい食生活を心がけることが大切です。砂糖を多く含む食品(おやつ類やジュース等)は摂取回数やタイミングに気をつける必要があります。

4.定期検診

歯医者に行くたびに治療ということになってしまうと、こどもたちは歯医者がますます嫌になってしまいます。このサイクルを予防サイクルに変えるには、適切な間隔の定期健診で、予防処置とブラッシング等の指導を受けることです。当院では、お子様の状況に応じた予防メニューを作成します。

 

スマイルマークのイラスト<黄色:縁無し>フッ素塗布

フッ素塗布が虫歯を予防する3つのメカニズム

 

初期虫歯を治す

歯は食事のたびにカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出し(脱灰)、唾液によって溶け出した成分を戻します(再石灰化)。このバランスが崩れた時に初期虫歯が始まります。フッ素塗布を行うことによって再石灰化が促進され初期の虫歯に多くのミネラルが吸収されて初期虫歯が治っていきます。

歯を強くする

フッ素塗布は歯の溶け出した成分を戻す再石灰化の時に、表面のエナメル質の成分と結びついてフルオロアパタイトという硬い構造になり、歯を強化します。歯が強くなることによって、ミネラルが溶け出す脱灰もしにくくなり初期虫歯の発生を防ぎます。

虫歯菌の活動を抑える

虫歯は虫歯菌の出した酸によって歯を溶かしていきます。フッ素塗布を行うと虫歯菌の活動が抑えられることによって、酸の量を減らし、歯が溶かされないようにして虫歯予防を行います。

  • フッ素塗布「無料」

 

「ニコちゃんマーク」の画像検索結果 シーラント

乳歯の奥歯が生えてくる3歳ごろ、そして永久歯の奥歯が生えてくる6歳ごろ。このころが、一番むし歯になりやすい時期と言えます。

そこでこの溝をフッ素を配合した樹脂で埋めることで浅くして、むし歯になりにくくする処置があります。これがシーラントと呼ばれるものです。

 

 

 

シーラントの特徴

プラスチックのような素材で、安全です。
歯を削らずに詰めるので痛くありません。
取れない限りむし歯予防に大きな効果があります。
健康保険が適用可能な、むし歯予防の処置です