一般歯科

「一般歯科」とはむし歯の治療歯の根の治療歯周病の治療入れ歯の治療などをさし、通常患者さんが歯科医院に通院した際に受ける治療のことをいいます。

その治療の多くが、保険の範囲内で行われる治療が多いことから、保険診療=一般歯科という人もいます。ただし、保険制度の制約がありますので、同じ治療法でも、治療に使用する材料等の違いによって、保険診療ではなくなるケースもあります。

 

患者様の歯の状態から最適な治療方法をご提案し、歯の健康のお手伝いをさせていただきます。

歯が痛い・しみるといった症状がある場合、虫歯になっている可能性が高いです。虫歯の原因は歯に付着したプラークに棲みつく虫歯菌。虫歯菌が糖分を分解する際に酸を出し、歯を溶かしていくのです。虫歯は放置しておくとどんどん進行していきます。気になる症状が現れたら、早めの治療が大切です。

また、虫歯に似た症状を起こす原因として「知覚過敏」というものがあります。知覚過敏は咬み合わせの乱れや強すぎるブラッシングなどを原因として起きる症状。知覚過敏は虫歯と比べて治療の緊急性は下がりますが、虫歯か知覚過敏かを自己判断するのは危険です。まずは当院にご相談ください。

 

虫歯の進行段階と治療法

 

虫歯とは、「虫歯菌に感染した部分が溶けていく病気」のことです。虫歯は急に進行するわけではなく、長い年月をかけて徐々に進行していきます。虫歯の治療は進行度によって変わってきます。

初期の段階であれば、しっかりした処置をすることで歯を削らずに自然治癒させることができます。 しかし虫歯が進行し歯の神経(歯髄)にまで達してしまうと、長い治療時間を要します。
そのため早期発見・早期治療をお勧めします。

進行段階症状治療法

C0
【ごく初期の虫歯】

C0 【ごく初期の虫歯】

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
【エナメル質の虫歯】

C1 【エナメル質の虫歯】

エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】

C2 【象牙質の虫歯】

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
【神経まで達した虫歯】

C3 【神経まで達した虫歯】

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
【歯根まで達した虫歯】

C4 【歯根まで達した虫歯】

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

 

重度の虫歯の治療~根管治療~

 

 

歯の根元まで虫歯が進行し、「根管」という神経や血管などが入っている管の内部まで冒されてしまった場合、神経や血管を除去して根管内に薬を詰める「根管治療」をしなければ、抜歯を選択せざるを得ないことになります。

なお、根管治療は医師の豊富な経験と高い技術力が求められる治療であり、患者様にも治療による金銭的・身体的負担がかかるため、抜歯を選択するケースも少なくありません。しかし、当院では安易に抜歯を選択することはありません。歯を残し、活かすことこそ「治療」であると考えています。

根管の状態と治療法

状態

症状

虫歯菌が神経まで達しており、血管を通じて栄養分を運べない状態になっています。このまま放置しておくと、歯が死んでしまいます。

治療方法

神経や血管を除去し、根管内を洗浄・消毒します。その後薬剤を充填し、被せ物をします。

 

 

根管治療の重要性

 

根管治療は、歯の土台の治療であることから、歯科医師の間ではよく建物の基礎工事に例えられます。どんなに立派な見た目の建物でも、基礎工事がしっかりできていなければいずれ倒れてしまうのと同じように、根管治療も上部の被せ物を長持ちさせるために重要な役割を担っています。

口元の見た目もとても大事な要素ですが、歯は、まずしっかり咬めなくては意味がありません。建物の基礎工事をしっかりしておきましょう。

 

 

 

それに私たちが歯を失ってしまう原因の4割が虫歯で、5割が歯周病、それ以外はたったの1割といわれています。

一般歯科とは、このような虫歯や歯周病の治療といった、最も基本的な歯科治療のことです。
つまりご自身の歯を長持ちさせるには、虫歯と歯周病を防ぎ、きちんと治療することが何より大切なのです。

 

虫歯治療の豆知識

 

治療した歯も再度虫歯になります

 

一度治療した歯は虫歯になりにくいだろうと思われる方は少なくありません。しかし、詰め物や被せ物などの人工物と自分の歯の間には境目があります。その隙間に汚れが溜まると再び虫歯になってしまうのです。

 

「歯のかぶせもの」の画像検索結果

 

 

再び虫歯にならないためには……

 

一度治療した歯が虫歯にならないようにするためには、歯科医院での定期的なチェック・歯のクリーニング・正しい方法でのブラッシングを継続する必要があります。治療後もメインテナンスを欠かさないようにしましょう。

 

「歯科 メインテナンス」の画像検索結果

 

 

虫歯になりやすい方

 

 ●お口の中の細菌のなかで、虫歯菌の占める割合が多い

●歯並びが悪い
●口呼吸をしている
●唾液がネバネバする
●お菓子やジュースなど甘いモノのよく口にする
●頻繁に間食をする
●小さい頃から何度も虫歯治療を経験している

●人工物と歯の間に隙間ができやすい保険診療での治療を受けた

●歯ぎしりや食いしばりをする

●歯並びが乱れている

●だ液が少ない

 

これらに該当する方は再度虫歯にかかりやすいという傾向があります。食生活やブラッシング法に注意し、必要に応じて改善していきましょう。

虫歯を早期発見するには

 

ダイアグノデント

 

それで当医院では、むし歯の早期発見早期予防早期発見早期治療をおすすめしています。

その際に必要なのが「治療の必要な虫歯」なのか「虫歯でない」のかの鑑別診断です。

治療の必要のある虫歯かどうかを判断させて頂き、必要以上に削ることを防ぎかつ、治療の必要のある部位を早めに発見することにより、患者様の歯をしっかり守らせていただきます。

ダイアグノデントの仕組み

ダイアグノデントは、KAVO(カボ)というメーカーが販売しているレーザーで虫歯の診断を行う機械です。

従来「探針」という先のとがった器具を使用して虫歯の診査を行っていました。

しかしこの診査方法だと歯を痛めてしまったり、歯の内部で大きくなった深い虫歯の診査はできませんでした。

ダイアグノデントペンは、歯に当てた赤色レーザー(まったく痛くもかゆくもありません)の反射光を読み取り、数値と音に置き換えることにより歯が虫歯になっていたりひびが入っていたりすると反応する装置です。

視診・触診やX線などによる診断よりも高い確率で初期虫歯を発見することができます。数値で25以上が表示されるようなら、積極的な治療介入「削ったりする」が必要とのことですが、機械の当て方などによっても数値の出方が違うため、きらら歯科では、あくまで他のレントゲン写真などの検査と合わせ診断を行っております。

また安全なレーザー光を使用するため小さなお子様や妊娠中のかたにも安全に使用することができる装置です。

 

dp2

 

 

0~13 特に処置の必要はありません
14~25 予防処置を実施することを勧めます(エナメル質に限局した虫歯)
25以上 保存修復治療(および予防処置)を実施することを勧めます6歳臼歯などで生えたての歯は高く数値が出ますので、フッ素塗布やPMTC、シーラントなどをおすすめしております
(永久歯などでは象牙質まで到達した虫歯

 

虫歯は予防する時代です

 

「スウェーデン国旗」の画像検索結果

 

スウェーデンでは、予防歯科の概念が浸透しており虫歯にかかる人の数が少ないことで知られています。日本でも、スウェーデンと同様に日々の正しいブラッシングと定期検診を徹底できれば、虫歯にかかる人の数をぐっと抑えられるはず。「虫歯になりたくない」「痛い治療をしたくない」と思うならば、予防歯科を積極的に受診することが大切なのです。