一般歯科

 

 

 

「一般歯科」とはむし歯の治療歯の根の治療歯周病の治療入れ歯の治療などをさし、通常患者さんが歯科医院に通院した際に受ける治療のことをいいます。

その治療の多くが、保険の範囲内で行われる治療が多いことから、保険診療=一般歯科という人もいます。ただし、保険制度の制約がありますので、同じ治療法でも、治療に使用する材料等の違いによって、保険診療ではなくなるケースもあります

 

患者様の歯の状態から最適な治療方法をご提案し、歯の健康のお手伝いをさせていただきます。

歯が痛い・しみるといった症状がある場合、虫歯になっている可能性が高いです。虫歯の原因は歯に付着したプラークに棲みつく虫歯菌。虫歯菌が糖分を分解する際に酸を出し、歯を溶かしていくのです。虫歯は放置しておくとどんどん進行していきます。気になる症状が現れたら、早めの治療が大切です。

 

 

虫歯の進行段階

 

虫歯の進行の様子 

 

 

根管治療で虫歯菌を徹底除去

虫歯が神経まで達してしまった場合は、感染した神経を取り除き、薬を入れ消毒をし、菌が進入しないようにかぶせ物で密閉する根管治療を行います。通常、神経を取り除いた歯は他の歯よりも脆いものですが、適切に根管治療を行った歯は、すぐに折れたり欠けたりすることはなく、通常のように食べ物を噛むことが出来ます。

根管は構造が複雑で治療となると数回にわたるため、なるべく根管治療を余儀なくされる前に治療してしまうことが歯の寿命を延ばすためにもなります。

 

 

 

根管治療の重要性

 

根管治療は、歯の土台の治療であることから、歯科医師の間ではよく建物の基礎工事に例えられます。どんなに立派な見た目の建物でも、基礎工事がしっかりできていなければいずれ倒れてしまうのと同じように、根管治療も上部の被せ物を長持ちさせるために重要な役割を担っています。

口元の見た目もとても大事な要素ですが、歯は、まずしっかり咬めなくては意味がありません。建物の基礎工事をしっかりしておきましょう。

それに私たちが歯を失ってしまう原因の4割が虫歯で、5割が歯周病、それ以外はたったの1割といわれています。

一般歯科とは、このような虫歯や歯周病の治療といった、最も基本的な歯科治療のことです。
つまりご自身の歯を長持ちさせるには、虫歯と歯周病を防ぎ、きちんと治療することが何より大切なのです。

 

 

 

 

虫歯を早期発見するには

 

ダイアグノデント

 

それで当医院では、むし歯の早期発見早期予防早期発見早期治療をおすすめしています。

その際に必要なのが「治療の必要な虫歯」なのか「虫歯でない」のかの鑑別診断です。

治療の必要のある虫歯かどうかを判断させて頂き、必要以上に削ることを防ぎかつ、治療の必要のある部位を早めに発見することにより、患者様の歯をしっかり守らせていただきます。

 

ダイアグノデントの仕組み

ダイアグノデントは、レーザーで虫歯の診断を行う機械です。

従来「探針」という先のとがった器具を使用して虫歯の診査を行っていました。

しかしこの診査方法だと歯を痛めてしまったり、歯の内部で大きくなった深い虫歯の診査はできませんでした。

ダイアグノデントペンは、歯に当てた赤色レーザー(まったく痛くもかゆくもありません)の反射光を読み取り、数値と音に置き換えることにより歯が虫歯になっていたりひびが入っていたりすると反応する装置です。

 

再び虫歯にならないためには

一度治療した歯が虫歯にならないようにするためには、歯科医院での定期的なチェック・歯のクリーニング・正しい方法でのブラッシングを継続する必要があります。治療後もメインテナンスを欠かさないようにしましょう。