予防歯科

 

 

治療から予防へ

 

私たちは、QOL(クオリティ・オブ・ライフQuality of Life=人や社会の生活の質)を維持・向上させるためには歯を含めたお口の中の状態も良好に保つことが大切だと考えています。

そのための方法として、私たちは「予防歯科」に重点を置いた歯科医療に取り組んでいます。

予防歯科とは、患者さんご自身が行う正しい歯のブラッシングや正しい生活習慣によるセルフケアと、私たちが行う定期的な検診や歯のクリーニングによって、虫歯や歯周病の発生を未然に防ぐことを目的としています。

「歯が痛くなったから歯科医院へ行く」ではなく、「大切な歯を守るために歯科医院へ行く」というのがこれからの歯科医療のあり方だと考えています。

最新の「予防歯科」であなたの大切な歯をしっかりとサポートしていきたいと思っています。

 

 

 

スウェーデン式予防歯科

 

 

 

 

予防歯科先進国、スウェーデン

北欧の国スウェーデンは、「予防歯科」先進国として知られています。そんなスウェーデンも、かつては、多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。その状況を重く見たスウェーデン政府は、1970年代に「予防歯科」を国家的な一大プロジェクトとしてスタートさせました。効果は絶大で、現在のスウェーデンは、世界で最も歯科疾患が少ない国と言われています。

 

 

「予防歯科スウェーデン」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

むし歯や歯肉炎、歯周病などのお口のトラブルや病気にならないようにする「予防歯科」が浸透しているスウェーデンでは、80歳の方でも平均20本の歯を保つという事実があります。

一方、日本では現在、80歳の方の平均残存歯数はたったの8(厚労省調べ)しかありません。通常、28本の歯があるものですので、約1/4しか残ってないのが現状なのです。

 

日本では、予防のために歯科医院を定期的に利用している人は約5%程度です。しかも歯を悪くして時間とお金をかけた人が、予防の大切さに気づいて通っているのが実状です。反面、予防先進国のスウェーデンでは、90%以上の人が普段から予防を心がけています。

 

当院では、虫歯や歯周病を激減させた実績のある、この最先端の「スウェーデン式予防歯科」を実践しております。

 

 

 

定期検診

「痛くなってから行く」から「痛くならないようにするために行く」歯科医院へ

あなたの歯科医院のイメージはどのようなものでしょうか?「歯が痛くなったら行くところ」「できるだけ行きたくないところ」ですか?
 当院では「痛くなったら行く」から「痛くならないようにするために行く」へ歯科医院のイメージを変えて頂けるように、色々取り組んでおります。 その一環として、予防、定期検診をお勧めしております。

歯周病や虫歯は、細菌による感染症ですので、治療したらそれでおしまいではありません。いい状態を維持するためのケアが大切です。そのために一番大切なのはホームケアです。日々の地道な努力が、お口を健康に保つ一番の近道です。
そして、日々のホームケアで落とせない汚れを落としたり、虫歯や歯周病が再発していないかチェックするための定期検診も同じくらい大切です。

サロンやエステに行く感覚で、お気軽に通って頂ければと思います。

 

定期検診を受けて頂きたい3つの理由

 

1.歯周ポケット内の細菌は時間が経つと元どおりになるため

歯周ポケット内の歯周病原因菌である細菌(グラム陰性菌群)は、処置をした後3〜4ヶ月で、元に戻る傾向があります。そこで細菌が悪影響を起こす前に、定期検診を行う必要があります。図に示すように、定期検診を行わないと、確実に歯周病は進行し、再発をしてしまいます。

 

2.ホームケアでは取りきれない部分に汚れが付くため

日々のブラッシングなどのホームケアをしていれば、汚れは完璧に落とせるかというとそうではありません。左の図を見て頂くと、ホームケアでは歯ぐきより上の部分の汚れしか取れないのがお分かりいただけるかと思います。そして、プロケアでは歯ぐきより下の歯周ポケット内の汚れもしっかりとる事ができます。ですので、ホームケアとプロケアを合わせて行う必要があります。

3.歯周病や初期の虫歯は痛みなく進行してしまうため

歯周病や初期の虫歯は、痛みなく進行してしまうため、定期検診でしっかりチェックして早期発見を心がけましょう。ホームケアだけでは、完璧に汚れを取りきることはできませんので、プロケアをして歯周病、虫歯予防を心がけましょう。 定期検診にてケアを行うと、自宅の歯みがきだけのケアと比べ、予防効果が格段に上がります。

 

 定期検診Q&A

Q 痛くないのに来ても大丈夫ですか?
A  もちろん大丈夫です。当院は「痛くなったら行く」から「痛くならないようにするために行く」歯科医院を目指してます。痛くないからといって、問題が無い訳ではありません。場合によっては痛みなく、病気が進行しているかもしれません。そのため、定期検診でしっかりチェックさせて頂きます。
Q 定期検診はどのくらいの間隔で受けたらいいですか?
A  一般的には4ヶ月ごとになります。お子様は3ヶ月おきになります。
Q 金額はどの位ですか?
A  3割負担の方で、2000から3000円程度です。
    お子様の場合は市の子供医療費受給資格証があれば無料になります。
Q 定期検診の間に何かあったら予約まで待たなくてはなりませんか?
A  そんなことはございません。気になるところがある場合は、予約とは別で結構ですのですぐにご連絡下さい。

 

 

1-12-13-15-16-1

 

定期検診にはお口の健康手帳をお渡ししています。