予防歯科

治療から予防へ

 

私たちは、QOL(クオリティ・オブ・ライフQuality of Life=人や社会の生活の質)を維持・向上させるためには歯を含めたお口の中の状態も良好に保つことが大切だと考えています。

そのための方法として、私たちは「予防歯科」に重点を置いた歯科医療に取り組んでいます。

予防歯科とは、患者さんご自身が行う正しい歯のブラッシングや正しい生活習慣によるセルフケアと、私たちが行う定期的な検診や歯のクリーニングによって、虫歯や歯周病の発生を未然に防ぐことを目的としています。

「歯が痛くなったから歯科医院へ行く」ではなく、「大切な歯を守るために歯科医院へ行く」というのがこれからの歯科医療のあり方だと考えています。

最新の「予防歯科」であなたの大切な歯をしっかりとサポートしていきたいと思っています。

 

スウェーデン式予防歯科

 

「スウェーデン」の画像検索結果

 

 

 

予防歯科先進国、スウェーデン

北欧の国スウェーデンは、「予防歯科」先進国として知られています。そんなスウェーデンも、かつては、多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。その状況を重く見たスウェーデン政府は、1970年代に「予防歯科」を国家的な一大プロジェクトとしてスタートさせました。効果は絶大で、現在のスウェーデンは、世界で最も歯科疾患が少ない国と言われています。

「予防歯科スウェーデン」の画像検索結果

 

 

 

 

むし歯や歯肉炎、歯周病などのお口のトラブルや病気にならないようにする「予防歯科」が浸透しているスウェーデンでは、80歳の方でも平均20本の歯を保つという事実があります。

一方、日本では現在、80歳の方の平均残存歯数はたったの8本(厚労省調べ)しかありません。通常、28本の歯があるものですので、約1/4しか残ってないのが現状なのです。

 

日本では、予防のために歯科医院を定期的に利用している人は約5%程度です。しかも歯を悪くして時間とお金をかけた人が、予防の大切さに気づいて通っているのが実状です。反面、予防先進国のスウェーデンでは、90%以上の人が普段から予防を心がけています。

 

当院では、虫歯や歯周病を激減させた実績のある、この最先端の「スウェーデン式予防歯科」を実践しております。