レーザー治療・デジタルレントゲン

安全で治療効果の高いレーザー治療

 

当医院では 株式会社ヨシダ製の炭酸ガスレーザー「オペレーザーpro」を導入しています。歯科用炭酸ガスレーザーでは、NO.1のシェアを誇り、導入実績・信頼性の高い機器です。
炭酸ガスレーザーのレーザー光は、水分によく吸収されるまめ、歯ぐきなど水分の多い部分に照射すると直ちに組織に吸収されるためレーザの光は組織の深い部分には届きません。表面より順に患部を切り取ることが可能です。
しかも、通常は患部に接触することなく、無圧的、無菌的に手術が行われるため筋組織も傷め ることなく、治療の後の痛み、はれもないことから歯ぐきに関する治療には最も適したものといわれています。
また、抜歯後の止血、さらに硬組織においては 虫歯の進行の予防、初期の虫歯の進行停止、知覚過敏の処置等の治療例もあり幅広くご利用できます。
その上、非接触で出血が殆どないため、感染予防対策にすぐれた手術機器としても注目されています。

レーザー治療の適応症

歯肉炎・歯周病治療
レーザーを歯肉に数回当てるだけで炎症を抑え、直接歯周ポケット内へ挿入し、殺菌を目的にレーザー照射することで、歯牙の動揺や排膿を軽減でき、歯牙の延命につながります。また歯ぐきが腫れている場合でも消炎効果と治癒能力を高めることができます。

 

根尖性歯周炎(歯の根・神経の治療)
今までの根の消毒は、薬剤に頼らなければなりませんでした。薬剤に頼りすぎると耐性菌といって薬剤に抵抗力の強い細菌が生まれてしまいます。レーザー光は、それ自体に殺菌効果がありますので薬剤を使用しなくてもすみます。 また、なかなか薬剤で治らない難治性のものも、レーザー治療では短期間に殺菌することが可能です。

 

口内炎(アフタ)の治療
今までの口内炎の治療は、炎症部分を消毒して薬を塗布して治していました。しかし、うがいをしたり口をゆすいだりしたら薬が取れてしまい、なかなか治りませんでした。また、口内炎は接触痛があり、食事をする時などはつらいものです。炎症部分にレーザーを照射するだけで、接触痛は瞬時に軽減します。

 

 

口内炎の治療

 

メラニン色素沈着(歯茎の黒ずみ)
黒ずんだ歯肉にレーザーを照射すると、数回できれいなピンク色の歯肉になります。比較的短期間で効果が現れる上、痛みもありません。

 

急性炎症緩和

 

顎関節症
顎関節症の筋肉・関節の痛みも、レーザーを当てることで緩和されます。

 

象牙質知覚過敏症
冷たいものを食べると歯がしみる知覚過敏症も、レーザーを当てて歯の表面がコーティングすることで完治できます。

 

ソフトレーザー

 

ソフトレーザー

 

 

ソフトレーザーは、ハードレーザーに比べて、低出力で生体組織を破壊しない無痛治療を目的にしたレーザー治療器です。
効果は、疼痛の緩和、治癒促進です

【適応症】

 1.象牙質知覚過敏症の疼痛の緩和

 
2.治療後の疾病の治癒促進
例:抜歯後の治癒不全や歯髄の鎮静消炎など
 
 3.口腔粘膜疾患
例:口内炎、ヘルペス、再発性アフタなど
 
 
 
 
低被ばくで安心のデジタルレントゲン
従来の歯科用レントゲン撮影と比べて1/5~1/10程度
 
 
 
当医院では、患者さんのからだへの影響を最小限にするために、デジタルレントゲンを導入しています。
 
 
 
「デジタルレントゲン」の画像検索結果
 
 
 
 
 

歯科医院で当たり前のように撮るレントゲン。
体に悪い影響がないか、心配になったことはありませんか?
放射線は、ガンの誘因のひとつとも言われてますから、心配されている方も多いことでしょう。そこで、患者さんへの影響を最小限にするために、デジタルレントゲンを導入しています。

デジタルレントゲンの最大のメリットは、少ない被爆線量で鮮明な画像が得られることです。
従来のレントゲン撮影法よりも最大1/10の線量ですみます。
だから身体にやさしいのです。そして、もちろん保険適応。最先端の技術をリーズナブルに。患者様の負担にならない、いいとこ取りのデジタルです。

現像液などの廃液も出ないのもデジタルのいいところ。環境にもやさしいのです。

 

「放射線被ばく量の早見図」の画像検索結果

「放射線被ばく量の早見図」の画像検索結果