お問い合わせ
0896-56-8241
Calender

歯周病とは

歯を支える組織(歯肉(歯茎)や歯槽骨)が冒される病気です。

 

歯と歯茎の境目には、どなたでも0.5mm~3mm程度のすき間があります。このすき間を歯周ポケットといいます。

 

歯周病は、この歯周ポケットに歯垢(食べかす)や歯石(食べかすが固まった物)がたまり、歯周ポケットが深くなり、炎症が起きた状態です。

 

歯の表面に歯垢や歯石が付いたままにしておくと…

歯垢はつばの中のカルシウムと反応して、硬い歯石になります。

歯石は、普通に歯磨きをしただけでは取れません。歯石の上にさらに歯垢が付きやすくなり歯石はたまってゆく一方です。

 

歯周ポケットの中に歯石が付くと超悪玉菌の歯周病菌が住みつきやすいのです。歯周病を悪化させるのは歯周ポケットの中の歯垢や歯石です。

この中にいる超悪玉菌は、酸を嫌う為、歯周ポケットの奥へ奥へと進入し、歯を支える骨、歯槽骨を破壊してしまうのです。

支えを失った歯はグラグラし始め最悪の場合抜けてしまうこともあります。

 

Top