お問い合わせ
0896-56-8241
Calender

インプラント治療

インプラントとは

インプラント治療とは、歯が抜けた部分に「インプラント」と呼ばれる人工歯根を埋め込みその上から人工歯を装着することで歯の機能を回復させる歯科治療です。

「インプラント(implant)」とは、「埋める、植立する」ことを意味する言葉です。医療の世界では整形外科の人工関節などのことを、歯科の世界では歯を失ったところに人工歯根を骨に埋め込む治療のことをいいます。

 

 

関連画像

 

インプラントによる治療を行うと、自分の歯と同じように噛んでおいしく食事とれるようになります。さらに思いっきり笑うことができますし、はっきりと話すことができるようにもなります。

● インプラントは、あごの骨に埋め込まれる純チタン製の小さなネジです。
● インプラントは、50年以上にわたり、研究・開発されている技術です。

 

天然の歯が顎の骨の中に植わって、顎の骨で支えられているのと同じように、インプラントも顎の骨によって支えられるために、バネをかけたり、橋をかけたりする必要がありません。したがって、入れ歯やブリッジのように支えとなる歯に負担をかけることがありませんので、他の歯が抜けやすくなってしまうなどの問題が発生しません。

さらに、インプラントは顎の骨の中に植わってますので、咬んだときの感触、咬み応えが自分の歯に限りなく近い感覚になるのです。そして、脳への刺激も強くなりますので、これまで入れ歯だった方がインプラントをいれると多くの方が若々しく、活力に満ちた人生に切り替わることが多いようです。

 

天然歯(ご自身の歯)とインプラントとの違い

◎ 天然歯
天然歯の表面は、中の象牙質を保護するために、硬いエナメル質で覆われています。個人によって歯の色と形は異なります。天然歯の歯根膜は、あごの骨に歯根をしっかり固定する役割があります。

◎ インプラント
セラミック人工歯は、天然歯の色と形に合わせることが可能です。アバットメント(支台)は、人工歯とインプラント体(人工歯根)を固定します。インプラント体は、強固な土台としての役割があります。表面は骨と結合するようにデザインさせています。

インプラントの構造について

◎ 上部構造(体)
冠・ブリッジなど様々な方法があります。 素材は、ハイブリッドセラミックスが一般的ですが、ポーセレンや金属で覆うことも可能です。
上部構造の種類は、周囲の歯の状況や噛み合わせなどを診査のうえ、患者さまと相談して決定致します。

◎ アバットメント
設計により上部構造をスクリュー(ネジ)で固定するものとセメントで固定するものがあります。
基本的にはスクリュー固定で行いますが、それぞれに利点・欠点があります。状態に応じて最適な方法をアドバイスしております。

◎ インプラント体(フィクスチャー)
骨のサイズや形態に合わせて様々な形や長さのインプラント体が準備されています。

 

歯を失ってしまった方へ 〜インプラント治療〜

【 歯を失う原因の第一位は歯周病 】

厚生労働省が行った歯科疾患実態調査によれば、75歳以上の方の平均現存歯数(残っている自然歯の数)は10本を下回っています。医学の進歩によって平均寿命が延びる一方で、歯の寿命は依然として短いのが現状です。高齢化社会を生きる私達にとって、「歯を残す」ということは重要な課題なのです。

歯周病は、歯を支える歯肉や歯槽骨などの歯周組織を破壊し、その機能を侵す疾患です。その為、歯周病により歯の周りの組織が壊れてしまうと、全く虫歯のない歯でも抜けてしまうのです。

メインテナンスの重要性

欠損した歯をインプラントで回復した場合、
もう一度『ご自分の歯で食事が出来る楽しさ』を取り戻す事が出来ます。

インプラントは材質的に100%虫歯になりません。
その点では天然歯より安心出来るかもしれませんが、歯周病原因菌に対する抵抗性は天然歯よりも弱く、炎症の悪化スピードも急速に進行してしまいます。 ですからたとえインプラントとはいえ、手入れの仕方が悪ければせっかく埋入したインプラントを除去しなければならない可能性出てきます。その寿命は天然歯同様、患者さまご自身に委ねられます。

 

インプラントを長持ちさせるには

インプラント治療を受診された患者さまは、日常のセルフケアと歯科医院で受けるプロフェッショナルケアに加えて、咬み合わせのバランスチェックや調整などを定期的に受けていただきます。

 

患者さまご自身の判断で「大丈夫、問題ない。」とお考えになることもあるかともいますが、せっかく治療して嚙める歯を手に入れたのですからプロフェッショナルメンテナンスを受けてお口の健康を保ちましょう。これが、インプラントを長持ちさせる秘訣です。

 

 

Top